シンクグラフィカ札幌

Web概論

オンライン広告掲載とモラルについて

2008-03-14 10:36:24

先ほどクライアントからお電話で「ホームページに掲載しているオンライン広告が表示されない」と連絡があったのが事の発端ですが。

 どうやらシマンテックのノートンに実装されている広告ブロック機能が動作しており、広告の表示がブロックされていることが原因だった。

 で、そのブロックを回避してくれとの事で。方法は簡単で「ad」という言葉をそれらから取り除く事によりすぐにでもオンライン広告は表示されるようになるだろう。しかし事はそう単純ではないのだ。

 「広告ブロックを有効」にしている人間に対して「広告を見せる」というのがどうなのかと言う事。もちろん現在のWeb業界が有料広告で成り立っている事を否定はしないが、私はオンライン広告やアフィリエイトが非常に嫌いなのだ。だから自分のサイトに有料広告を掲載したいとは絶対に思わない。

 広告を見たくない人に対して無理矢理にでも広告を見せようと考えるその姿勢はどうなのか。もちろん予期せず広告ブロックが有効になっている人も数多くいるだろう。

 私としては広告を見たくない人間に対して無理矢理にでも広告を見せようとするその行為は、その気もなく濡れてもいない女に無理矢理ナニをねじ込もうとする粗野で野蛮で自己中心的で利己的な暴漢のイメージとダブる。

 情報を閲覧する人間は、閲覧するツールを選ぶ権利がある。たとえそれが運営社側の利益を損なうとしても、開示する情報はあくまで取捨選択の権利は閲覧者にあると私は考えている。

 おそらくオンライン広告が加速して行けばこのような問題は多々でてくるであろう。

 私はこのようなモラルを逸脱した行為はやっぱり解せないのだ。

Safari ブラウザ革命とInternetExprorerの功罪 ユー・ガット・メールと風俗産業
新規コメント出力エリア

エラーメッセージ出力