シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

自動返信メールの自由な整形

自動返信メール(オートレスポンダー)の内容を自由にカスタマイズすることができます。

お客様がフォームから入力された値を使う場合などを含めて、自動返信メールの内容は自由にカスタマイズすることができます。自動返信メールの内容のカスタマイズはconfig.cgiを編集します。

## 自動返信メールの本文
$_TEXT{'responder'} = <<'__return_body__';
<_姓_> 様
──────────────────────────
この度はお問い合せ頂き誠にありがとうございました。
改めて担当者よりご連絡をさせていただきます。
─ご送信内容の確認─────────────────
受付番号:<_mfp_serial_>
<_resbody_>
──────────────────────────
このメールに心当たりの無い場合は、お手数ですが
下記連絡先までお問い合わせください。
この度はお問い合わせ重ねてお礼申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※この署名はサンプルです。必ず変更してください※ 
 シンクグラフィカ / SYNCKGRAPHICA
 〒003-0801 札幌市白石区菊水一条四丁目一番三十九号
 TEL / 011-832-8698 FAX / 011-832-8698
 https://www.synck.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
__return_body__

上記の行を編集します。入力された値を挿入したい場合は<_入力欄のname属性_>というように指定します。各特別な値についてはPDFのマニュアルをご参照ください。

4.1.2からの追加要素

フィールドが未入力時に空欄のみになってしまう!とお嘆きの方がいらっしゃったため、フィールドが未入力時は項目名とセットで表示しない!というような機能を新たに設けました。
<%[お名前]:お名前%>
というように記述することでお名前に入力がある場合は
[お名前] 和田憲幸
と表示されますがお名前欄が未入力の場合は何も表示されないって寸法です。

スマートフォンへの対応 自動返信メール