シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

サーチ機能(4.2.5~)

特定のエレメントで選択あるいは入力された文字列を元にCSVデータからヒットするレコードをselectタグに反映するための機能です。

例えば複数の条件があり、その条件にマッチする文字列をselectタグに表示させたい!なんてこと、週に2~3度はありますよね。そんなあなたに朗報!CSVデータ(実際はTSVですが)の中から選択された値あるいは入力された値にヒットする行をピックアップしselectに反映させるのがこの機能だぁ!

本機能を有効にする場合は
#push @AddOns,'search/search.js';
を有効にし、configs/search.cgiを編集しCSVファイルが格納されているディレクトリを指定してください。

んでもって
<select name="サーチサンプル" id="sample_02" data-search="sample"></select>
のようにタグを記述します。上記の場合sample.txtを検索した結果が表示されるという設定です。

あとは検索条件部分は
<input type="text" name="キーワード" placeholder="任天堂" data-search-for="sample_02">
のように指定します。検索条件はselect・radio・checkbox・textタイプで複数設定することができます。

サジェスト機能(4.2.5~) ページ読み込み時に一番最初のエレメントにフォーカス(v4.2.4~)