ワンタイムトークン機能(v4.2.7~)

メールフォームプロにクロスサイトリクエストフォージェリ攻撃への対策の一環としてワンタイムトークン機能を実装しました。メールフォームプロは元々クロスサイトリクエストフォージェリ攻撃をしづらい仕組みになっているので、こちらは標準で有効になっておりません。

クロスサイトリクエストフォージェリ攻撃というのがありまして、リンクや偽装サイトなどから攻撃を行う事ができるたぐいの攻撃なのですが、それに対するやや強めの対策としてワンタイムトークン機能というものを実装しました。

仕組み

  1. フォームにアクセスした際にトークンを発行(Javascript経由で発行する)
  2. フォーム送信時に発行したトークンが有効かどうかをチェック
  3. 有効なトークンであれば送信。そうでなければエラー

という単純な仕組みになっております。

仕組み上、迷惑メール対策にもなるので迷惑メールがうるさいぞー!という人がもしおりましたらこちらの機能を有効にしてみてください。

設定方法

ワンタイムトークンをフォーム画面で発行(見えませんが)し、フォーム送信時にそれを照会することでクロスサイトリクエストフォージェリ対策と迷惑メール対策を行うための機能です。

  1. config.cgiを編集し、push @Modules,'onetimetoken';を有効にします。
  2. configs/onetimetoken.cgiを編集しトークンのキーや有効期限などを設定します。
  3. これで作業は完了です。

コメント欄